ファンが作った「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」2D版が権利侵害で公開停止に。

  • LINEで送る

3月にニンテンドースイッチで超人気作ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドが発売しましたが、

ある海外の熱狂的なファンが2Dバージョンで作ってしまった。

 

2017年3月のゲーム開発者カンファレンス「GDC 2017」にて、任天堂は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のプロトタイプ版を公開した。それは初代『ゼルダの伝説』のような2Dドットの見下ろし視点アクションゲームで、矢に火をつけて木を射って燃やすといったような、さまざまな要素が絡むシミュレーションがテストされていたことが明らかにされていた。先日公開された『Breath of the NES』は、このプロトタイプ版をベースにした現在開発中のファンゲームだ。

 

かなり本格的に作り込まれたゼルダの伝説2D版

ゲーム内では物理演算が働いており、例えば切った木を転がして敵にぶつけて攻撃することができる。またコログの葉で敵を吹き飛ばして、トラップ地帯に放り込みといったことも可能。木を殴ってリンゴを手に入れたり、ハンマーで岩を砕いて火打ち石を手に入れたりと、『ブレス オブ ザ ワイルド』らしさが随所に盛り込まれている。旧来の『ゼルダの伝説』のスタイルで、広大なインタラクティブワールドが楽しめるというわけだ。

 

僕もゼルダファンとして一回プレイしてみたいです!!

 

しかし、著作権侵害で公開停止に。

 

海外においては、任天堂のファンゲームはDMCA(デジタルミレニアム著作権法)侵害に当たるとして公開停止となる例が続いており、本作もNintendo of Americaから同様の対処をされる結果となった。

itch.ioで配信されていたデモ版は現在ダウンロードできないようになっている。itch.io側は、Nintendo of AmericaからのDMCA侵害を指摘する通知があり、『Breathy of the NES』がキャラクターである「リンク」や『ゼルダの伝説』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の著作権に侵害していると説明。また同プラットフォームの利用規約にも反していると伝えている。

任天堂からの公開停止要請があった場合には、オリジナルゲームとして開発を続けることを伝えていた。Twitterでの発言によれば、今後は登場キャラクターを置き換えるなどして再出発を目指すようだ。

かなりの熱狂的なファンなんでしょうね。気持ちはわからなくもないですが、勝手にパクって作ってしまうのは良くないと思います。

でも本当に一回プレイしてみたいのが本音です。笑

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*