幻の巨大なサメ「メガマウス」を捕獲。

  • LINEで送る

5月23日、千葉県館山市で保護されていた「メガマウス」が死んでいるのが確認された。前日の22日に館山市の沖合で定置網にかかったのを保護され、市内の会社が引き取っていけすで保護されていた。NHKニュースが伝えた。

 

「メガマウス」はサメの一種で、全長が最大5〜6メートルに達し、100年ほどの寿命を持つ。「メガマウス」と呼ばれる所以でもある巨大なアゴには、最多で50もの歯列があるという。

 

メガマウスとは?

メガマウスザメ

メガマウスは大型のサメで、5.5mほどまでは成長するとされています。オスの大きさは4mほど、メスの大きさは5mほどになります。メガマウスという名前の通り、口が非常に大きく(幅1.3mにも達する)、小さな歯、広く丸い鼻ももっています。若いメガマウスは、シャチのような生き物と間違えられることもあるようです。

大きな口には発光器を備えていて、えさであるプランクトンや小魚をおびき寄せるために使うといわれています。この発光器はオスメスともに備えていて、ほかのメガマウスを区別するための手段として使うとも考えられています。メガマウスは熱帯や温帯の深海に生息しています。

 

しかし、1日たっただけの早すぎる死

 

朝日新聞デジタルは22日、この「メガマウス」の保護を報じるニュースで、東京海洋大名誉博士のさかなクンも潜って確認したと伝えていた。

全長約5~6メートルのメスで、22日早朝に館山市沖の定置網にかかったのち、いけすに移され、元気に泳いでいた。

さかなクンは「丸い頭と大きな口が特徴で、メガマウスで間違いありません。元気に泳ぐ姿に会えるなんて夢のようでギョざいます」と話したという。

また、これまでの「メガマウス」は網にかかった後に死んでしまったものが多く、世界的にも飼育例はない、とも伝えていた。

さかなクンが、前日に続いて23日午前9時ごろに潜ったときは海底に横たわり、かすかに息をしている状態だった。

その後、動かなくなったという。「前日の様子だと、どんどん元気になっていくかなと思っていたのに残念です」と話した。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*