生協、ノンアルコールビールが直球過ぎて面白いww

  • LINEで送る

月にコープブランドで発売したノンアルコールビールの名前が「直球すぎる」

と話題になっているみたいでご存知でしょうか?

ノンアルコールビールの商品名は飲料メーカーが工夫を凝らし、消費者の目に留まるよう

ネーミングの企業努力は大変に重要です。

 

サントリーは「オールフリー」
キリンビールは「パーフェクトフリー」
アサヒビールは「ドライゼロ」

 

などの『フリー』や『ゼロ』といった言葉でノンアルコールビールだと

消費者にアピールしているのですが、それらの常識を覆しました。

 

その話題になっているノンアルコールビールの商品名とは?

 

4月にコープのノンアルビールが発売されました。コープ商品は組合員向けに

販売されるため、ネットで話題になることは多くありません。

しかし今月に入ると、ツイッターなどに「直球すぎるネーミング」「笑った」

と反響が相次ぐようになりました。中には1万2000回以上、リツイートされたつぶやきもあります。

 

その商品名とは

Sirafu(シラフ)

です。

ノンアルコールビールの、シラフです。

 

 

 

なぜ、こんな名前になったのでしょうか。

日本生活協同組合連合会の担当者に聞くと、意外な回答がかえってきました。

 

「実は、当初の候補では商品名は『Sheriff(シェリフ)』でした」

「Sheriffは、アメリカの保安官を指す言葉です。

西部劇に出て来るカッコいい正義の味方のイメージですね」

「商品の味わいも、甘さを抑えて、スパッと切れる後味を持たせています。

そこで商品名にも、シェリフが飲んでサマになり、

喉の渇きが一瞬で収まるという意味を込めようと考えました」

 

あれ、全然意味が違うじゃないですか…笑

…と問いかけてみると

 

「シェリフでは意味が分かりづらい、デザイン性からさらに字数を短くする

必要がある、といった課題が出てきたんです。なかなか次の案が出ずに悩みました」

「それで最終的に思いついたのが、アルファベットの文字が似ている

『Sirafu』でした。一目でノンアルビールと分かりますし、これだ、と」

 

 

なかなか面白い展開で最終的にシラフになったみたいですね。ネーミングセンスが抜群にいいですね!

今回、話題になったので売上がかなり上がるのではないでしょうか?

 

これから夏に向けてバーベキューなどで外でお酒を飲む機会が多くなると思いますので
是非、運転手やお酒が苦手な人はシラフを買ってシラフでいきましょう笑
話のネタにもなってさらにその場を盛り上げて楽しく過ごせるのでは….

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*