「とくダネ」のADが女性を人命救助に。

  • LINEで送る

皆さん、ご存知のフジテレビの朝の人気番組とくダネのADが潮干狩りの取材中に70代の女性が

溺れているのを見つけ助けたと公式ブログで公開したみたいです。

番組ではシーズン真っ盛りの潮干狩りで人気スポットとして有名な千葉県船橋市の

『ふなばし三番瀬海浜公園』を取材したました。

家族でにぎわう様子が放送されたが、一方で、潮干狩りができないはずの危険エリアで、

ルールを守らない人への取材も行われたみたいです。

 

 

そして、10年に8件も事故が起きている危険エリアを取材中に岸から少し行ったところに

大声で助けを求めて溺れている女性を発見。この緊急事態に『とくダネ!』

スタッフが救助に向かい、スタッフも海に流されないように注意しながら

慎重に近づき、手を伸ばして女性を保護した。

 

 

女性を発見した場所は、かなり深くなっている危険なエリア。

 

 

助けられた女性も意識はあり、命に別状はなかったのですが、話では、

潮干狩りに来て終わって帰ろうとした時に気づかないうちに足がつかない

ところに入っていまい、慌てておぼれてしまったらしいです。

 

 

番組の公式ブログでは、救出の最初から最後までを写真を撮影してたの

を紹介してました。「決死の救出劇でお手柄をあげたのは、とくダネ!ADのホンダくん」

と明かし、ホンダさんも「死亡事故が多い場所で潮干狩りをする方が大変多く、

自分自身も取材をする中で大変危険な場所だなと感じておりました。そんな中で、

おぼれている人を見つけ、突然のことに動揺もしました」と、コメントしてました。

 
それでも「このままだと更なる死亡事故が起こってしまうととっさに思い、水泳が得意だったこともあり、

海へ潜り込み女性を助けました」といい「すでに女性は意識が遠のいていて、手遅れかと思いましたが、

すぐに自分の呼びかけに答えて呼吸をしたので、安堵(あんど)しました」

 

 

 

最後は「この放送をきっかけに、立ち入り禁止エリアへの浸入をする人が無くなる

ことを祈っております」と訴え、番組も「あなたも楽しい潮干狩りで

悲劇に遭わないよう、禁止区域に入るなどのルール違反は厳に

慎んでいただきたいと思う」と、強く呼びかけている。

 

 

溺れていた女性が無事で良かったです。こんな場面に実際にあったら動揺してパニックになっていますよね。

ホンダさんのその冷静な判断、勇気には拍手を送りたいですね。

 

 

決して海など行く時は危険な所には入らないようにしないといけませんよね。
ましては立ち入り禁止の表示がありますから…浅瀬だからといって軽い気持ちでいると

危ない目にあってしまうかもしれないです。

 

 

これから海のシーズンになりますので皆さんもくれぐれも注意して海水浴を楽しみましょう

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*