ニンテンドースイッチ、マリオ後出しは計画通り。

  • LINEで送る

任天堂が2017年1月に新型家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の詳細を発表した。

価格や発売タイトル、スマホ連携などの付加機能の有無に注目が集まったが、

「サプライズに欠け、物足りない」「マリオなど任天堂のタイトルが本体と同時発売でないのは残念」

「任天堂は家庭用ゲームをあきらめたのか?」といったネガティブな意見が大勢を占めました。

だが、任天堂が過去の失敗をもとにしっかりと戦略を立てており、「Nintendo Switchは間違いなく成功する」と感じた。

 

ビッグタイトルの発売を分散して本体が買えない事態を防ぐ

発表会で多く聞かれたネガティブな意見が、本体と同時発売となる

ゲームソフト(ローンチタイトル)の少なさだ。

 

任天堂のローンチタイトルは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と

『1-2-Switch』の2つしかない。オリジナルタイトルとして注目が集まる『ARMS』

は春発売予定で、人気シリーズの強化版『マリオカート8デラックス』は4月28日発売です。

 

 

Wii Uで大ヒットした『スプラトゥーン』の続編『スプラトゥーン2』は今夏発売で、

大本命となる『スーパーマリオ オデッセイ』はなんと冬のリリース予定となっている。

つまり、任天堂のビッグタイトルで本体同時発売となるのはゼルダだけなのだ。

 

ニンテンドースイッチとは?

 

ニンテンドースイッチは任天堂が2017年3月3日に発売が予定されているゲーム機だ。
Wii Uとニンテンドー3DSの後継機に当たる次世代のゲーム機という扱いになる。

最大の特徴としてはこれまでゲーム機はWiiのような据置機と、ニンテンドーDSのような

携帯機の二本立てとなっていたが、ニンテンドースイッチは両方を兼ねたハイブリッドゲーム機となっていること。

 

 

 

タブレット端末のようなものが、ニンテンドースイッチの本体になっていて、

据置機として使う時には、「ドック」と呼ばれるものにつなげて、テレビに画面を出力すると共に本体の充電を行う。

ニンテンドースイッチはハイエンドな据置ゲーム機としての特徴と、外出先でも気軽に遊べる

携帯ゲーム機の特徴の良いとこ取りをしたもので、まさに次世代のゲーム機として注目されている。

  • LINEで送る

コメントを残す

*