【速報】佐川急便、「週休3日」?ドライバー増やす方向に…

  • LINEで送る

最近あまりにも配達の量が多すぎるのでAmazonから手を引いたと話題になった宅配大手の佐川急便。

なんと今回はドライバーに週休3日制を導入することを発表しました。

 

インターネットの通販などで仕事の量が増えすぎたので宅配便業界では

集配や集金も担うドライバーの不足が深刻化しているみたいです。

 

皆さんは佐川の仕事内容はどんな印象を持っていますか?

やはり、重い荷物を1日中運んだり、

配達がいっぱいなので夜遅くまで働かくてはならないとか

人手が足りないから休みが無さそう

って思う方いると思います。

 

週休3日にする佐川急便の理由は?

そこで佐川急便は東京都と山梨県で週休3日制による募集をかけているみたいです。

週に3日休みなら家族と過ごしたり趣味に充てたりする時間を増やせて自分の時間をもてるので

精神的にもゆとりを持てるのではないでしょうか?

これによりドライバーの雇用増やそうと考えているみたいですね。

 

だが、デメリットとして一日の労働時間が週休2日の時より2時間多く、10時間働かないといけないので

1日の勤務時間が長い分に残業時間が短くなり、2日制の収入より少なくなるみたいです。

けれど、コンビニエンスストアでのアルバイト勤務などの副業をOKとなるのでガンガン稼ぎたい人には

嬉しいですよね。

 

逆に二足のわらじを履かなくてドライバー一本で働いても安定した収入、週3日の休みが

あるので体を無理させないで長く勤めることができそうですね。

これからはヤマトなどの大手運送会社も週休3日制にするみたいなので配達ドライバーはキツイという

イメージは無くなり働きたい!と思う人が増えるのでは無いでしょうか?

 

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*