トイレットペーパーの三角折りはやめといたほうがいい??

  • LINEで送る

「トイレットペーパーを三角折にしないでください」と書かれた貼り紙が病院のトイレに掲示されているとツイッター上で報告があった。

「親切心」から実践している人もいるであろうこの三角折だが、何か問題があるのだろうか。

 

公共のトイレを利用したときや、他人の家のトイレを借りたときなどに、トイレットペーパーを「三角折り」にする人はいないだろうか。確かに三角折りは、「掃除後」のようで清潔な印象を与えることができる。

しかしながら、用を足して手を洗う前に三角折りをすると、不衛生であり、感染のリスクすらあるのではとTwitter上で話題になった。
本当に感染のリスクはあるのか、感染症の専門医に聞いてみた。

「結論から言いますと、三角折りは不衛生だと思います。」

 

用を足した後の手を洗う前に、トイレットペーパーを折ると、便中や尿中(感染している場合)の細菌などの微生物が付着し、細菌感染する可能性が高くなることがあります。

 

用を足し、トイレットペーパーを使って拭いた手で、次の人が使用するトイレットペーパーを触る…。

確かにこの行動は、細菌感染を引き起こす可能性があります。

元々は『掃除しましたサイン』

この三角折は、清掃スタッフによる『このトイレは清掃しています』というサインとしての役割が発祥といわれています。

トイレを使用する人も、トイレットペーパーがキレイに三角折されていると「ここ、こまめに清掃されていそう!」と思いますよね。

「トイレットペーパー フリー」の画像検索結果

ネットでは「次に使う人が取りやすいように、と思ってやっていました」と驚く声も。

その心遣いはとても素敵ですが、念のためにトイレットペーパーは三角折しないほうがよさそうです。

 

 

コメントを残す

*