【任天堂】シャープ、Twitterでスーファミミニをディスってアカウント停止。

  • LINEで送る

シャープは7月11日、任天堂の「ミニスーファミ」をめぐる発言が炎上していたシャープ製品公式Twitterについて、一切の運営を停止すると発表しました。

 

 

シャープは11日、任天堂の新商品「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(ミニスーファミ)」に対し、Twitterで不適切な発言をした「シャープ製品アカウント」を運営停止にすると発表しました。

 

 

任天堂にリプしたのが火種に

発端は、任天堂が6月27日に公式Twitterで行った「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発表だった。ミニファミコンも大ヒット、「ミニスーファミの開発も進んでいる」と報じられていたため、公式発表には多くのゲームファンが歓喜した。しかし、このツイートに対し、シャープ製品公式Twitter(@SHARP_ProductS)が返信を送ったことから、炎上に発展することとなる。

「面白そうだけど…冷静に、私の思い出(年代的にボリュームゾーン世代より少しずれている事が大きい)を価値に換算していくと…」という文章と共に、収録タイトルそれぞれの値付けを行った価格表を画像にしてツイート(該当ツイートは削除済み)。
シャープ製品公式Twitterの中の人による、ゲームの値付け。例えば『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』が500円、『スーパーマリオカート』が300円、『ファイナルファンタジーⅣ』が0円などと書かれていた。

 

収録の21タイトル中、実に8タイトルが0円という辛口の値付けであることや、あまりにも私的な価値観かつゲームタイトルを貶めるような内容に受け取れること、そして企業が他社製品をSNSで公然と値踏みする行為に、批判が殺到した。

 

これを受けて、同アカウントは「誤解を招いた」として「0円」と値付けしたタイトルを「未購入」に修正した画像を投稿し直すも、批判は収束することなく、関連ツイートを削除。翌日6月28日には、謝罪のツイートを行った。

 

 

 

@SHARP_JPも7月以降、ツイートを止めた状態だったが、11日に復帰。

 

 

シャープはTwitterの公認を受けているもう1つの公式アカウントで、「問題のツイートを行なったシャープ製品 @SHARP_ProductS アカウントは一切の運営を停止いたします。」と発表。「インターネット、特にツイッターは、だれかが好きなもの、思い入れのあるものを共通項に人々が繋がりあう側面があると、私は思います。だからこそ企業アカウントはどんな時も、だれかの好きや思い入れを否定することは決して許されません。ほんとうに申し訳ありませんでした。」と謝罪。

 

でも以前にもっとヤバイことをツイートしてたんですげどね笑

何か大人の事情があったのでは無いでしょうか?さすがに任天堂を敵に回すのはかなりマズかったかもしれませんね。

有名人や大手メーカーなどの発言はやはり影響力があるので何らかの障害は必ずあると思うので気をつけて欲しいものです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*