【鈴木砂羽】鈴木のパワハラで女優2人が舞台降板

  • LINEで送る

女優・鈴木砂羽(44)が主演&演出を担当する舞台「結婚の条件」が13日、東京・新宿のシアターモリエールで初日を迎えた。

 

 

 

スポンサーリンク

同作は公演初日の2日前に、女優・鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が鈴木砂羽から土下座の強要など「人道にもとる数々の行為を受けた」という理由で急きょ降板したと公表し、騒動となった。

女優 鳳恵弥、牧野美千子と所属事務所側は土下座の強要、人格や尊厳をめちゃくちゃにする罵声があったなどとして“鈴木のパワハラ”があると主張した

 

騒動となった理由

 

騒動の発端については、2度の通し稽古を行う予定の日に、2人がネット生放送に出演するため早く終了したいと主張したことで、解散時間についてのスケジュール確認ミスにより2回目の通し稽古ができなくなったことで双方の認識のズレの原因によりトラブルが起きたと見られますね。

 

スポンサーリンク

降板した女優二人

 

 

鳳恵弥(36)

「鳳恵弥」の画像検索結果

 

 

 

牧野美千子(52)

「牧野美千子(52)」の画像検索結果

 

 

土下座強要はないと反論

 

鈴木は「土下座をさせたことはまったくございません。心情的なことや人格を否定するようなこと、罵声を浴びせた事実はありません」と2人の主張を否定した。さらに2人に言いたいことを聞かれると「舞台を作るのには、長い道のりがあります。踏んだりけったりなこともあります。いい経験になりました。演出家として勉強させてもらった」と話した。

 

一方、今回のトラブルについて、劇団を主宰する江頭氏は12日夕に報道各社向けにファクスでコメントを発表。鳳さんらが「鈴木さんに土下座を強要された」などと訴えていることについて、「事実とは違います」と全否定した。

 

江頭氏はコメントで、自らのスケジュール確認のミスにより稽古場で謝罪したことはあったが、決して鈴木さんから強要されたわけではないと説明。

 

 

 

また、2人が降板の意思を固める前に鈴木が代役をすでに決めていたと鳳らが主張していることについても否定。鈴木によると、通し稽古の翌日、2人は劇場には姿を現さず、関係者から降板するらしいと聞いたという。「私は彼女たちと話をしてないし、だったらどうするってことで、私や演出助手たちが開幕の2日前だったのであわてて知っている役者さんに声をかけた」と説明した。

 

 

「鈴木 砂羽」の画像検索結果

公演終了後、鈴木は取材に応じ、土下座強要を否定するとともに、代役を立てて無事に初日を迎えられたことに安堵し、思わず涙ぐんだ。

 

言った言わないが原因で始まった騒動ですが、今後も争いは長く続きそうですね。最悪の場合は裁判にも繋がるかも知れません。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

*