【ミヤネ屋】宮根、降板を週刊文春に嘘の報道されてしまう…

  • LINEで送る

先日、情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の降板報道が出た

フリーアナウンサーの宮根誠司さん(54)が『週刊文春』

番組降板の嘘の報道され、否定していましたが、

なぜその経緯になってしまったかまとめてみました。

スポンサーリンク

宮根誠司 プロフィール

まずは、宮根誠司さんのプロフィールから紹介します。


(引用元:宮根誠司 公式ブログより)

名前:宮根 誠司(みやね せいじ)さん
出身地:島根県大田市
生年月日:1963年4月27日
年齢:54歳
血液型:B型
最終学歴:関西大学経済学部
所属事務所:株式会社テイクオフ
職歴:元朝日放送アナウンサー

宮根さんは、大学卒業後。朝日放送へ入社します。
宮根さんは、もともとアナウンサー志望という訳ではなかったそうですが、軽い気持ちで朝日放送の募集に応募し
そのトーク力を面接で発揮し、採用となったそうです。
2004年3月末で朝日放送を退社すると、4月からは、フロム・ファーストプロダクション大阪支社に所属し、
フリーアナウンサーの道を歩み出します。

そして、宮根さんを有名にした番組といえばこちら


(引用元:読売テレビ 「情報ライブ ミヤネ屋」より)

2006年7月31日からスタートした『情報ライブ ミヤネ屋』がスタート
2007年3月31日から全国ネット番組となり、一気に宮根さんの知名度が上がりました。

2010年3月末でフロム・ファーストプロダクションとの契約を解消。
4月1日から株式会社テイクオフへ移籍しています。

それなりにアナウンサーの経験は積んできて、持ち前のトークでミヤネ屋で人気爆発したようですね。

最近は、炎上系のワイドショーが流行っているのでその波に乗れたのも人気が出た理由かもしれしないです。

 

週刊文春に報道された内容とは??

19日に発売の週刊文春に掲載されていました。
宮根さんはミヤネ屋を18年3月末で降板し、4月からフジテレビの夕方の新報道番組に「電撃移籍」するという
「宮根さんは来年三月末で、『ミヤネ屋』を降板します」
と讀賣テレビ関係者(大阪)が取材にて、言っていたみたいです。

「今年8月に『ミヤネ屋』はスタジオをリニューアルしたばかりですが、

去年頃から『ミヤネ屋』に対する宮根さんのモチベーションがなくなってきています。

元々ほとんど台本なしの進行ですが、マンネリを感じている。

所属事務所と本人は『視聴率が下がり追い込まれるまでに辞めて、

キャスターとしての商品価値をキープしたい』と考えています」(番組関係者)

そんな宮根さんに接触したのが、フジテレビでした。

「来年4月から宮根さんにはフジテレビで放送される

月~金の夕方帯の新たな報道番組の司会を務めてもらう予定です」(フジテレビ関係者)

と話してたようです。

やはり、フジテレビはみんなのニュースがイマイチの中、宮根さんを欲しいところですよね。

だがしかし、この報道はまったく事実と異なり番組で本人が完全否定していました。

スポンサーリンク

「4月以降もやらせていただきます」

 

降板報道を受け、宮根さんは発売日の昼放送の番組で、

「文春さん見たらさ、ミヤネ屋3月で降板させられちゃうの?僕」
「辞めさせちゃうの?」

と、番組スタッフに質問。スタッフが手を振って否定のジェスチャーを示すと、

「社長にも聞いてくれた?」

と再質問。スタッフが両手を頭の上で重ねて丸印を作ると、宮根さんは

「私、4月以降もやらせていただきますので、よろしくお願い致します」

と何度も頭を下げながら続投を宣言した。

直前に人工知能(AI)に関するニュースを取り上げていたことから、司会を他のタレントではなくAIに取って代わられる危機感を覚えたと言い、

「ミヤネ屋がAI屋になる?」
「しばらくは人間で頑張りたいと思います」

と冗談交じりに降板報道をネタにしていた。

これで一安心して、ミヤネ屋を見れそうですね。本人がいないとミヤネ屋では無くなりますし。笑

これからも、鋭いコメントをし続けてくれると期待して活躍を応援しております。

ネットでの反応

( ´ⅴ`)ノ<文春空砲

と言いつつ移籍しそう。4月にならんとわからん。ギャラを引き上げるために嘘ニュースを流したんかな?

ミヤネ屋がマンネリで退屈なのは画面から伝わって来るデーブスペクターだけはモチベーション下がってないけどさ。

まぁミヤネ屋がマンネリ、金属疲労で 低迷してるのは事実だからな ゴゴスマに負ける日も出てきてるし番組自体が終わる可能性も十分ある。

フジノミヤネ焼きそば屋やるんじゃなかったのかよ。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す

*