中学生がエナジードリンクを飲み続けた結果、人格が変わった。

  • LINEで送る

最近、若い人達を中心に人気がある「エナジードリンク」ですが

中学生が毎日エナジードリンクを飲み続けた結果、

人格が変わってしまってヤバいと話題になっています。

スポンサーリンク

エナジードリンクを飲み過ぎで周りから「人が変わった」と言われていたという。

「エナジードリンク」の画像検索結果

静岡県に住む中学3年生の男の子は、1日1本以上エナジードリンクを飲んでいたと言います

入学当初はどちらかというとおとなしい生徒だったみたいですが

ある時期から、教室中に響き渡るような高笑いをしたり場違いなふざけ方をしたりするなど、

周囲が戸惑う行動を繰り返すようになった。

それを注意する教師に激しく食ってかかるようにもなった。

一方で、学校が終わり帰宅すると憂鬱になり、母親に「頭痛い」「死にたい」と頻繁に訴えており、

学校と自宅での感情のアップダウンが激しかったみたいですね。

 

男の子が初めてエナジードリンクを手に取ったのは小学校卒業からまもない時期だったそうで

最初は体がだるいと感じた時にときどき飲む程度だったが中学1年生の冬頃から毎日飲むようになり、

次第にカフェイン量のより多い商品を選ぶことが多くなったと言います。

 

エナジードリンクって最近はコンビニとかで売っていて種類もたくさんありますよね。

1日1本以上と何本飲んだのか明確にはなっていませんでしたが、エナジードリンクにはカフェインが含まれているのでカフェイン中毒を起こしていたのかも知れませんね。

カフェインの取りすぎは危険!?

「カフェイン中毒」の画像検索結果

エナジードリンクと言うと、集中力を高められたり目を覚ませる事が出来るとあって人気があるのだと思います。

その中でも「レッドブル」や「モンスター」などが有名なのではないでしょうか。

2種類のエナジードリンクにカフェインがどのくらい入っているのか調べてみたんですが、

レッドブル

1本あたり…80mg

モンスター

1本あたり…142mg

ちなみに缶コーヒーはだいたい130mgですね。

内容量にもよるんでしょうけどレッドブルよりモンスターのほうが多いですね。

スポンサーリンク

いくら眠気を覚ますためや集中力を高めたいからとたくさん摂取するのは危険だそうです。

カフェインの危険摂取量というのがあって、3時間で850mg以上を摂取すると急性中毒症状になる恐れがあります。

急性中毒症状になると、

  • 心拍数の増加,不整脈,動悸,血流増大
  • 呼吸困難(過呼吸など),歩行困難
  • 胸痛,胃痛,嘔吐
  • 感覚過敏,精神錯乱,幻覚,幻聴

これはあくまでも短時間に摂取した場合なので1日に400mg以内のカフェイン摂取なら健康に悪影響は無いとされています。

 

普通に売られている飲み物で中毒症状が出るって聞くとなんだか怖いですよね。

850mg摂取するってカフェインの多い「モンスター」を3時間で約6本飲むということになります。

うーん…これはどう見ても飲みすぎですね。

過去にはエナジードリンクの過剰摂取で中毒死も。

「エナジー 過剰摂取」の画像検索結果

2015年12月21日に「エナジードリンク」を日常的によく飲んでいた20代男性がカフェインによる中毒死が起きていました。

深夜勤務だった男性は眠気覚ましで毎日のように、エナジードリンクを飲んでいたそうです。

亡くなる1週間前から体調不良を訴えており、吐き気など発症していたとのことです。

この男性はエナジードリンクの他にカフェイン錠剤も併用したいたらしく重度なカフェイン中毒を起こしたと思われます。

カフェインによる中毒死というのは国内では初めてだったそうです。

海外では子供が700mlの「モンスター」を摂取したことにより死亡した件もありました。

 

手軽に自販機でも買えてしまいますし、エナジードリンクって甘くてわりと飲みやすいですから

子供ならジュース感覚で飲んでしまうかも知れません。

毎日飲むようになるとカフェインは依存性もあるので子供のうちから飲むのは危険かもしれませんね。

適度な量を飲むには問題のない飲み物なので今後、このような症例が増えると販売停止なんていうのもありえるかもしれないですね。

スポンサーリンク

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*