【火炎放射器】日本YouTuber大量逮捕か?

  • LINEで送る

日本のYouTuberが

火炎放射器を作ったため逮捕されました。

これをきっかけに、たくさんのYouTuberが

逮捕されるのではと話題になっています。

スポンサーリンク

火炎放射器を作ったYouTuber逮捕。

「火炎放射器」の画像検索結果

2018年1月22日、火炎放射器を自作し、そのようすをYouTubeに掲載していた

横須賀市の派遣工員の男(20)が火気乱用容疑で逮捕されました。

このYouTuberは2017年8~9月にかけて

自作の火炎放射器を使用する動画をYouTubeに掲載し、

火気を乱用した疑いがもたれています。

日本では火炎放射器の製造や所持を規制する法律がなかったため、

燃えやすいものの近くで火を使った者を罰する同法の適用に踏み切ったといいます。

 

このYouTuberはホームセンターなどで火炎放射器の素材を購入し、

銃器のような形状の火炎放射器を製造。

鉄やアルミによる金属製で長さ約60センチ、重さ約3キロ

先端の火にガスを使って灯油を霧状に噴射することで火炎を出す仕組み。のようです。

最大で約2メートルの射程距離を持ちます。

あまりにも恐ろしい武器になりえますが、これを公園で使用したというのだから驚きですね。

 

男性は火炎放射器の作り方をインターネットで知り、

「動画を見せて自慢したかった。インターネットで販売もしたかった」

と言っていました。

 

射程距離が2メートルというのは、法律上規制がなくても

かなり危険性があるのは間違いないですよね。

火事にならなかったことが幸いです。

スポンサーリンク

他にも作っていたYouTuberがいた。

「火炎放射器」の画像検索結果

YouTubeで火炎放射器を作っているYouTuber探してみたら、

たくさんの動画上がっていました。

簡単なモノから本格的なモノと色々ありました。

今後、逮捕されたYouTuber以外にも、

凶悪だと判断されて逮捕されるYouTuberが続出する可能性が高いです。

ちなみに、自作の爆弾のようなものを作り、

公園で爆破させているYouTuberもいたそうです。

 

逮捕される可能性が高い理由としては、

郊外でむやみに火炎放射器を使うと、

火気乱用(燃えやすいものの近くで火を使った者)になるのではないでしょうか。

 

 

その中でも、有名なYouTuberもいました。

2年前に動画を上げていたラファエルさんもその一人でした。

ネットでの反応

「2ch」の画像検索結果

日本には軽犯罪法って法律があり、
やろうと思えば何でも取り締まれる。
ただやらないだけ

 

なんか警察の仕事増えたなあ

 

勝手に犯罪者が動画上げてるんだから
むしろ効率化してるだろwwwww

 

公共の場所でやるとか狂ってんな

 

逮捕とか大袈裟なとか思ったら想像の10倍くらいの火力だった

 

ラファエルも作ってなかった?

 

捕まるのなんか運だよな
有名なやつは捕まらんだろ
運があるからな

スポンサーリンク

 

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*